PROFILE 演出家プロフィール

浅利慶太 演出家    
1933年3月16日生まれ/慶応義塾大学仏文科出身
 
 劇作家である小山内薫と共に築地小劇場の設立に参画した浅利鶴雄を父に、二代目市川左團次を大叔父に持つ。学生時代、劇作家の加藤道夫氏との出会いによって、演劇の道に進む。
 
 1953年7月14日、日下武史、藤野節子、吉井澄雄(照明家)ら慶應義塾大学、東京大学の学生を中心に10名で劇団四季を結成。主に、ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥなどのフランス文学作品を上演。文化の一極集中排除を理念に、創立間もない時期から劇団員全員で全国各地を巡り、地道な動員・公演活動を積極的に展開。
 

1969年代々木稽古場 撮影:毎日新聞
 

 
 演劇を通して “人生の感動” と “生きることの素晴らしさ” を伝えることを目的に活動を続け、その活動が現在の劇団四季の原点になっている。
 
 1970年代から『ジーザス・クライスト=スーパースター』『ウェストサイド物語』『コーラスライン』など数多くの海外作品の翻訳上演を行い、日本にミュージカルの礎を築く。ミュージカル『キャッツ』では初のコンピューターによるチケット販売システムを導入。1年間のロングラン公演を成功させ、日本演劇界の興行形態を変革させた。
 
 ミラノ・スカラ座『蝶々夫人』をはじめ、『エレクトラ』『トゥーランドット』など、海外ではオペラの演出も手掛け、さらに1998年には長野冬季オリンピックの開閉会式をプロデュースするなど、国際的にも高い評価を得る。また、オリジナルミュージカルにも力を入れ、『夢から醒めた夢』『ユタと不思議な仲間たち』『ミュージカル李香蘭』『ミュージカル異国の丘』『ミュージカル南十字星』などを創作。『李香蘭』『異国の丘』『南十字星』は【昭和の歴史三部作】と呼ばれ、世代を超えて語り継がねばならない戦争の悲劇、昭和の実相を描いた作品として社会的にも話題になり、再演を続けている。
 
 2014年、長年代表を務めていた劇団四季(四季株式会社)を退き、浅利演出事務所を拠点に再び演劇活動を再開。2015年4月に浅利慶太プロデュース公演第1弾となる『オンディーヌ』を上演。以降、年4本ペースで公演を行っている。常にお客様が喜んで下さる作品選びと、丁寧な芝居創りを信条に活動を続けている。
 

2016年代々木稽古場 撮影:有島 康